釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

釣りも初心者で魚をさばいた経験もない、いつも魚はスーパーに売っている刺身や切り身を買っているという方は、せっかく釣った魚もどうしていいかわからないという方が多いかもしれません。
水槽で飼うと悠長なことをするより、せっかく釣り上げた魚は味わってみたいものです。
ましてタイなどの高級魚や脂の乗ったサバやキスならなおさらです。
まずは魚の表面を良く水洗いして汚れを落としてから、うろこ落としを使って丁寧にうろこを取り、再び水洗いしましょう。
次に内臓の下処理を行います。
魚の頭の付け根から出刃包丁の先を入れて一直線に切り、指を使って内臓を書き出したら、内部を水洗いして血を洗い流します。
丸ごと塩焼きや煮つけなら、この状態で調理してください。
切り身にしたい場合には続いて頭を切り落とし、3枚におろす作業を行います。
これが初心者にはキレイにいかない作業なのですが、まずは頭を落とした身の背中側から包丁を入れ中骨沿いに切ります。
次に腹側から包丁を入れたら、裏も同様にして身が2枚に中骨の3枚へと切り分けるのです。
続いて腹の骨のある部分を身と一緒に切れば完了です。
どんな食べ方をしたいかにもよりますが、不器用な方やみそ汁などにしたいなら、うろこと内臓を取って良く水洗いしたあと、ぶつ切りにして鍋に放り込んでもいいでしょう。

関連記事

  1. 初めての海釣りは波止釣りから始めよう

  2. 意外と重要な釣り竿の収納に役立つアイテムで寿命を延ばす方法とは

  3. 魚が飲み込んでしまった針はどうなるの?

  4. 釣り具

  5. 釣り方

  6. 手元の釣り竿を高く売却するためには?