初心者が釣りをしていて釣り針を指してしまったらどうすればいいのか

初心者が釣りをすると言うと、小さめの釣り針を使っているだろうから、引っ張れば簡単に取れるだろうと思いきや、そんなことはありません。
たいていの釣り針はかかった魚の口からそう簡単に針が取れないように、かえしと呼ばれる部分が付いているからです。
釣り針のことをフックと言いますが、かえしが付いているフックが大きければ大きいほど、先端の針だけでなくかえしも大きくなります。
魚には気の毒ですが、かえしがないと釣った魚を逃がしてしまうので、構造上付けざるを得ないわけです。
これが釣り人に刺さると、かなり大変なことになるのは容易に想像ができるでしょう。
一番いいのは、そのまますぐに病院に駆け込んで、医者に抜いてもらうことです。
間違っても、プライヤーでつかんで引っ張るのはやめておいた方が無難です。
刺さったところをさらにかえしで突き刺しながら引っ張りだすことになりますので、二重に痛い思いをするからです。
近くに医療機関がない場合はどうすればいいかと言うと、とりあえずかえしをどうにかすることが大事なので、あえてかえし部分が刺さった部位から外へ出てくるまで刺しこんでしまいます。
指に刺さることが多いので、かえしが出たらかえし部分をつぶしてから抜くことで、比較的スムーズに針を抜き取れます。
パニック状態になるのは必然のため、慣れた人と一緒に行くことが初心者には一番大事です。
抜き取ったあとはしっかり消毒し、念のために病院に行きましょう。

関連記事

  1. インスタで話題になる釣り女子はどこに注目されているのか

  2. 初心者が知っておくべき海釣りのマナーとルールとは

  3. 電車で釣行する際のマナーや装備

  4. 意外と重要な釣り竿の収納に役立つアイテムで寿命を延ばす方法とは

  5. 魚に多く含まれているDHAの魅力をご紹介

  6. 天気に影響がある海水温の変動