電車で釣行する際のマナーや装備

車で釣りに行くなら、釣り具も持って行きやすく、釣った魚もクーラーボックスに詰めて持ち帰れます。
ですが、都心部にお住まいで車は持っていないという方や、旅行がてら釣りも楽しみたいなど電車で移動をする場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
当然ながら、釣り竿をむき出しにして電車に乗るのはマナー違反です。
万が一、人に当たったら危険ですし、長い釣り竿は電車の乗り降りでも引っかかる上、満員電車にでもなれば邪魔で危ないです。
釣り竿はロッドケースを購入してしっかりとしまって行きましょう。
また、そのほかの釣り道具はタックルケースを購入してコンパクトにまとめるのがオススメです。
タックルケースには大きさやタイプも様々なものがあります。
いわゆる硬いケースのものから、バッグタイプのものもあり、ショルダータイプやリュックタイプなどは電車の移動でも持ち運びやすく、ご自身も楽です。
もちろん、どんな魚を釣りに行くのかや、持って行きたい釣り具の内容にもよりますが、電車での移動は何かと大変なので、可能な限りコンパクトに納まる機能性の高いものを選びましょう。
クーラーボックスも欲張り過ぎず、コンパクトなものに抑えておくと行き帰りが楽で、電車に乗り合わせた周囲の方にも迷惑がかかりません。

関連記事

  1. 釣り具

  2. 船酔い対策は前日からが大事

  3. 初心者が釣りをしていて釣り針を指してしまったらどうすればいいのか

  4. ルアー種類(表層)

  5. 魚が飲み込んでしまった針はどうなるの?

  6. ベイト型よりもスピニング型の方がビギナー向きです