手元の釣り竿を高く売却するためには?

引っ越しの都合で大量にある釣り竿を少し売却したい、別の趣味にお金を使いたいので不要なロッドを一部売却したい、このような事情を抱える方々はおそらく多いはずです。
同じ釣り竿を売るなら一円でも高く査定してもらいたい、これは皆の素朴な希望でしょう。
高く売るためのコツですが、いわゆる普通のリサイクルショップではなく、釣り具の買取に特化した専門店を利用することです。
普通のリサイクルショップは広く浅くいろいろなものを買取してくれるのが利点ですが、マニュアル的な査定が行われるので専門性が高い道具は安値になります。
また希少価値が光る廃盤になったスピニングロッドや海外製の釣り竿などは買取NGになることもあり、その筋の釣り具専門のお店に売却した方が安心です。
専門店なら一流メーカーのものからマニア向けのロッドまで広く高値で買取してくれますし、ユーザー側が二束三文にしかならないと思っていたものにも、価値を見いだして良い値段をつけてくれることが多々あります。
次の高値売却のコツですが、付属品を出来る限り探しておくことです。
家電やゲームソフトとは違いますが、箱や説明書や竿袋などの付属品が一式完璧にそろっていた方が値段は高くなり、反対に竿だけだと買取価格が下がりますので要注意です。

関連記事

  1. 初心者が釣りをしていて釣り針を指してしまったらどうすればいいのか

  2. ベイト型よりもスピニング型の方がビギナー向きです

  3. 釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

  4. ルアー種類(底層)

  5. ルアー種類(表層)

  6. 初心者向けのエサ選びのポイント