釣りダイエットの魅力

釣りと聞くと、ポイントに釣り糸を垂れてじっとしているイメージがあり、ダイエットとは無縁と考えられるかもしれません。
ところが釣りは不安定な磯場や岩石などの上を歩く、あるいは防波堤をあちこち歩いて釣りそうで最適なスポットを探し歩く努力を行います。
つまり自然に歩くことが行われ、それによってカロリーを消費する形になるため、最終的には痩せることが可能です。
特にルアー釣りの場合は魚がいそうなポイントを探して、何度も投げ入れてはリールを巻く動作を必要とし、それによって魚の食いつきを促すようにします。
知らず知らずにこれらの動作を行うことで、それが運動にも似た効果を生み出し、しかも海の眺めの良さもリラックス効果もあります。
ストレスがかかった状態では太る原因につながることが多いですが、リラックスができている状態であればストレス自体を発散させることにもつながっていきます。
なお釣りの醍醐味としては釣った魚をさばくことで、それを料理として食べることができます。
それを食べることは実は健康にも優れており、中性脂肪を燃焼させる優れた栄養成分が含まれています。
厚生労働省も青魚を食べることを推奨されていますが、その成分には生活習慣病を抑制する成分が豊富に存在する上、近年はダイエットにも良いメリットもあるからです。

関連記事

  1. 手についた魚のにおいが落ちる石けんはずばりこれ!

  2. 魚種と旬

  3. 初心者には必須アイテムの魚外し便利グッズ

  4. 水中まで映してくれる驚きのフィッシングドローン

  5. 意外と重要な釣り竿の収納に役立つアイテムで寿命を延ばす方法とは

  6. 初めての海釣りは波止釣りから始めよう

  1. 釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

  2. 手元の釣り竿を高く売却するためには?

  3. 船酔い対策は前日からが大事