メタルだけあってできることがすごい

ルアー釣りをするにあたって欠かすことのできないルアーは、基本的には固いものと柔らかいものに分けられますが、最近は進化してきてそれだけの区別では収まり切らない特別なものもあります。
その一つがメタルジグです。
メタルジグとはルアー釣りをする際に使うルアーなのですが、鉛やタングステンといった金属でできているのが特徴です。
柔らかいルアーだと、海の中で動いているように見えますので、魚を引き寄せやすいというメリットがありますが、メタルジグは金属のためにただ引っ張られているだけという感じがします。
それなのに、なぜこのようなルアーができたかと言うとちゃんとした理由があります。
まずは素材が金属なので、海の中でキラキラ光って見えることです。
これによって小魚に見せかけて大きな魚を釣ることが可能になります。
さらに音の出るメタルジグを使うことで、音に反応する特定の魚が釣れてしまうのがすごいところで、実際にやってみると驚くこと必至です。
音に反応するのはハタ類などの根魚と呼ばれるタイプの魚で、メタルジグから出る60デシベルのコトコトという音に反応します。
小さな音ですが、海の中では4倍ほどの大きな音になるため、これが魚を引き寄せます。
メタルジグは狙う魚が決まってくることから、メタルジグへの食いつきがいい魚を狙うには欠かせないルアーと言えます。

関連記事

  1. 雪がしんしん降る日は魚が釣りやすいって本当なの?

  2. 初めての海釣りは波止釣りから始めよう

  3. 初心者が知っておくべき海釣りのマナーとルールとは

  4. 船酔い対策は前日からが大事

  5. 船釣り初心者のための春夏秋冬に着る服装の選び方

  6. 天気に影響がある海水温の変動