魚に多く含まれているDHAの魅力をご紹介

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略で、青魚の油に多く含まれている成分です。
このDHAには、脳の機能向上、脂質代謝の改善などの効果があると言われています。
さらに、心血管障害の抑制や抗アレルギー効果も期待できるので、健康のことが気になるという方はオススメの成分です。
それだけでなく、体内で痩せるホルモンを増やしてくれる作用もあると言われていますから、ダイエットしたい方にとっても、魅力的な成分と言えます。
このDHAは、体内ではほとんど作られない成分であるため、魚をたくさん食べて、定期的に補給していくようにした方が良いでしょう。
DHAが含まれている魚は、サバやイワシやマグロなどです。
そのほかには、カツオ、サンマ、ブリにも、豊富に含まれています。
どうしても魚臭さが苦手だという方は、調理方法を工夫することや、DHA配合のサプリメントを使うのもオススメです。
DHAの素晴らしい効果をより取り入れるためには、できれば朝に摂取する方が良いと言われています。
朝にDHAを取ると、血液や肝臓の中性脂肪が低下しやすくなるという研究結果もあります。
焼き魚、ごはん、おみそ汁といった日本の昔ながらの朝食はDHAのパワーを取り入れる上で非常に最適なメニューなのです。

関連記事

  1. ルアー種類(中層)

  2. メタルだけあってできることがすごい

  3. 雪がしんしん降る日は魚が釣りやすいって本当なの?

  4. 初心者が知っておくべき海釣りのマナーとルールとは

  5. 初心者向けのエサ選びのポイント

  6. ルアー種類(表層)

  1. オリンピックに釣り種目が復活する日は来るのか

  2. 船釣り初心者のための春夏秋冬に着る服装の選び方

  3. 釣宿情報掲載について