意外と重要な釣り竿の収納に役立つアイテムで寿命を延ばす方法とは

釣り竿は長いために保管に場所を取る上、独特の形が収納を難しくしています。
とは言え、釣り竿は見た目以上にデリケートなものなので、収納アイテムを上手に使うことが寿命を延ばすことにもつながることから、初心者もぜひ知っておきたいところです。
持っている釣り竿が1本や2本といった初心者のうちなら、立てて収納できるサイズの傘立てを使うという手もあります。
これなら比較的安価で手に入りますし、それほど収納スペースを取ることもないでしょう。
3本以上になると、やはり釣り竿を収納するための、専用のロッドスタンドと呼ばれる収納グッズが欲しいところです。
いろいろなカラーのオシャレなものがありますので、インテリアとして並べて、見せる収納をするのも素敵です。
常に見えるところに置いておくことで、ほこりを払ったりといったメンテナンスができますし、部屋の中に置く以上はにおいが気になりますから、必然的に釣りから帰ってきたらにおいを落とすために念入りにキレイにするでしょう。
見えないところにしまい込んで収納してしまうと、ついお手入れも雑になりがちで、釣り竿の寿命を縮めてしまいます。
あえて見えるところに置けるオシャレなロッドスタンドは、釣り竿を大事にして寿命を延ばすことにもつながる収納の必須アイテムと言えそうです。

関連記事

  1. 初心者が釣りに行くのにオススメの時期と釣る魚

  2. ベイト型よりもスピニング型の方がビギナー向きです

  3. インスタで話題になる釣り女子はどこに注目されているのか

  4. 手元の釣り竿を高く売却するためには?

  5. 命を守るためにもライフジャケットは必ず着用しよう

  6. ルアー種類(表層)