初心者が釣りに行くのにオススメの時期と釣る魚

釣りは地域や場所にもよりますが、年間を通じて楽しめるレジャーです。
もっとも、初心者の場合はべた付いて暑過ぎる猛暑の時期や、寒さで海風や川風に震える季節は避けた方が無難かもしれません。
暑さ、寒さに耐える方が大変で、釣りに集中できず、上手にいかない可能性があるからです。
花粉症でつらいといった方は別として、釣りが比較的しやすく穏やかに楽しめるシーズンは、やはり、春の暖かな時期や秋の紅葉が美しい時期ではないでしょうか。
この時期に釣る魚としては、もちろん場所にもよりますが、次のような魚が狙い目です。
海釣りの場合で行けば、春にはメバルやアオリイカ、クロダイ、カサゴなどが釣る場所が多く、地域によってはアイナメなどもまだ釣れるでしょう。
秋の時期はカサゴやメバル、クロダイに加えて、サバやハゼ、ボラ、シロギス、セイゴやスズキ、アイナメやヒラメなどが釣る場所が少なくありません。
沖に出ればカツオやマグロ釣りにもチャレンジでき、深場ならヒメダイやアオダイ釣りなどもチャレンジできます。
冬の寒い時期に向けてエサをしっかり食べるので食いつきも良くなり、しかも、太って脂が乗った魚も多く、釣った魚もおいしく食べられます。

関連記事

  1. 釣り方

  2. 寒い夜に役立つ便利グッズ

  3. 釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

  4. ルアー種類(底層)

  5. 雪がしんしん降る日は魚が釣りやすいって本当なの?

  6. 魚が飲み込んでしまった針はどうなるの?