船酔い対策は前日からが大事

普段船に乗る機会がないと、せっかく楽しみにしていた釣り場に着く前に船酔いでダウンということがしばしばです。
そのため、船酔い対策はしっかりしておく必要があります。
注意すべきは前日から採れる対策はとっておくことです。
まず、寝不足になると船酔いしやすいので、前日はしっかり睡眠を取るようにします。
また、お酒はできれば控えめに、可能ならば飲まないに越したことはありません。
当日は空腹ですと船酔いしやすいので、船酔いしたときのおう吐の可能性も考慮し、軽く食べておくことが大事です。
さらに船酔いの薬を使うのであれば、市販薬の中では値段が高いものの方が良く効きます。
安いものは効果がないので、薬剤師などに相談して、船酔いに十分効果を発揮してくれる酔い止めを探してもらいましょう。
船に乗るということで、ウェットスーツを着込む人もいるかもしれませんが、できるだけ必要なとき以外は脱いでおくか、緩めておくことが大事です。
また、船の後ろ部分は排気ガスが出ているため、これが船酔いを引き起こすことになりますので、できるだけ前の方に乗るのがオススメです。
また進行方向に背中を向けていると酔いやすいのは電車やバスなどでも同じですが、船はより強くなりますので、進行方向を向くことも忘れないようにしましょう。

関連記事

  1. 手についた魚のにおいが落ちる石けんはずばりこれ!

  2. 釣り具

  3. 手元の釣り竿を高く売却するためには?

  4. 初心者が釣りに行くのにオススメの時期と釣る魚

  5. 魚が飲み込んでしまった針はどうなるの?

  6. 雪がしんしん降る日は魚が釣りやすいって本当なの?