ベイト型よりもスピニング型の方がビギナー向きです

最初に使うリールはベイト型ではなくスピニング型がオススメです。
それには明確な理由があります。
ベイト型は慣れれば微妙なラインコントロールができることや、重たい仕掛けを扱えるのが強みです。
一方でバックラッシュと呼ばれる糸が突然絡まるリスクが高く、ユーザーが毎回ラインコントロールをシビアにしなければなりません。
糸のコントロールが簡単なスピニングリールの方が楽しく釣りを覚えられます。
バックラッシュを予防するためには何度もトラブルを経験して、ある意味で時間とお金を少し無駄にしながら身体で解決策を覚えるしかありません。
スピニング型はデリケートな仕掛けを簡単に使えるのも利点です。
軽い錘(おもり)を使ったエサ釣りやワームや小型の疑似餌を使ったルアーフィッシングまで、一台で多種多様な目的に使えるので、最初のリールに適しています。
小型のものだと扱える糸の種類が少なく、また細い糸はスピニング型でも力の調節がシビアなので、中型のものがオススメです。
PEやナイロン、フロロカーボン等、中型リールなら基本的な素材のもの全てが扱えますし、太過ぎず細すぎないラインが使えるので応用が利きます。
どのメーカーでもOKですが、国産のエントリーモデルがベストです。
癖がなく、使い方も日本製であればシンプルなので基礎を固める際に役立ちます。

関連記事

  1. ルアー種類(底層)

  2. 魚に多く含まれているDHAの魅力をご紹介

  3. 初心者には最適かもしれないルアー釣りの基本とラインの選び方について

  4. 魚が飲み込んでしまった針はどうなるの?

  5. 釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

  6. 雪がしんしん降る日は魚が釣りやすいって本当なの?

  1. 釣ったばかりの新鮮な魚を自分でさばいて食べるには

    2018.12.04

  2. 意外と重要な釣り竿の収納に役立つアイテムで寿命を延ばす方法とは

    2018.12.04

  3. 初めての海釣りは波止釣りから始めよう

    2018.12.04